女性の薄毛原因

女性の薄毛・脱毛症の進行速度について



女性の脱毛症の進行速度ってどうなっているのでしょう?


先ほどお話しましたが、女性の薄毛の場合、男性の薄毛の状態とは異なるため、女性型脱毛症として区別されているようです。


まず、円形脱毛症についてですが、これは、女性にも良くある薄毛のパターンです。

女性の薄毛の原因として、
主にストレスやホルモンバランスの乱れからくるものですが、基本的には、4〜12ヶ月間の間で、髪が生えてきます。


しかし、病院に行って、少しでも早めの薄毛治療をする事が望ましいです。


女性の薄毛は、皮膚科で診てもらえます。


女性の脱毛症には、さまざまな種類がありますが、良く知られている円形脱毛症について少しお話しました。

女性の薄毛は、生活改善や、病院での治療によって、薄毛の改善はできます♪


さて、女性の脱毛症の進行速度についてですが、脱毛症の種類によってもちがうようです。

ここでは、壮年性脱毛症と若年性脱毛症について比べて見ましょう。


まず、壮年性脱毛症の場合、20歳以降から、この傾向が始まり、年を重ねるにあたって進行していくものです。


少しでも早く気づき、早めの対策を打つことが今後のためです。


次に、若年性脱毛症についてですが、20代〜30代にかけて、発症し、薄毛がはっきりとわかってしまう状態が特徴で、最近では、10代にも見られるようです。


さて、壮年性脱毛症と若年性脱毛症の進行速度についてですが、壮年性脱毛症の方が、若年性脱毛症に比べて、進行は遅いようです。


しかし、先ほども述べましたが、壮年性脱毛症は20代から発症している可能性もあるため、少しでも早く気づく事に越したことはありません。

ちょっとでも薄毛が気になりだしたら、すぐに病院へ行きましょう。










プライバシーポリシー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。